H26年度までに協定締結された組織の皆様へ

H27年度の水土里クラウド使用案内文と水土里情報データ使用協定書を発行いたします。
ID・パスワード発行の流れをご高覧の上、ご連絡ください。


水土里クラウドへのアクセス

下記バナーよりアクセスし、ユーザー名とパスワードを入力しください。

水土里クラウドをご利用の皆様へ
メーカーによるメンテナンスが予定されております。
長時間サービスが停止することがございませんが、小規模なパフォーマンス低下が発生する可能性がございます。
メンテナンススケジュール
日本時間:2015年11月18日(水)10:00~17:00頃まで
皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


水土里クラウドについて

水土里クラウドでは、オンラインでオルソ画像や地籍図、農道、水源等様々なデータを提供しています。これらのデータは使用しているパソコン上での加工や編集が可能なうえ、アップロードや情報の共有もできるため、農業分野の様々な業務(計画の企画立案、調査・結果の分析、シミュレーション、迅速な対応・判断を必要とする業務など)の効率化に大きな威力を発揮します。

つかってみよう

ArcGIS Onlineを使ってみました。
水土里クラウド操作説明(PDF)
提供年度一覧表(PDF)


新クラウド公開におけるユーザ、グループ、マップ、コンテンツ、レイヤの構成について

ユーザ、アカウント、グループ、マップ、コンテンツ、レイヤの関係を以下に示します。

*画像をクリックすると大きな画像で表示されます

南風原町を例に水土里ネットおきなわ周辺の基本マップを表示した例を以下に示します。

1.ユーザ
利用申請ごとにユーザ登録し、ユーザ名を発行します。
2.アカウント
クラウドにサインインするためのアカウントを発行します。無償公開期間中は、市町村ごとに共有アカウントを発行します。同じ市町村に属する複数の組織は、同じアカウントを利用していただきます。
3.グループ
市町村ごとにグループを用意します。
4.マップ
市町村ごとに基本マップを用意します。
基本マップには、下記のコンテンツを含みます。
1.地籍
2.その他(下記レイヤを含む。市町村によっては下記レイヤがない場合もあり。)
水源、農道、大字界、小字界、水利施設(線型)、水利施設(点型)、農業振興地域界
3.オルソ画像

今後の利用状況を参考に、ユーザアカウントの発行方法、グループ、マップ、コンテンツ、レイヤの構成について、協議会において検討を行います。